トラックについてもっと知ろう!

海外製のトラックを日本で見かけない理由

海外製のトラックを日本で見かけない理由

ベンツやボルボなどはトラックを製造しているメーカーです。
特にベンツは世界的にトラックの販売をしている大手で、乗用車の需要がそれほどなかった創業当初から物流や交通分野で活躍していました。
しかし日本では国内トラックだけで海外製はそれほど多くありません。
海外製でも価格は国内とそれほど変わらないので、ベンツといったステータスを象徴するメーカーに人気が集まっても不思議ではありません。
それでも日本で普及しないのには理由があります。
それは消耗品を確保できるか不安だからです。
商用車であるトラックは安く確実に運ぶことが前提で、常に動いているので故障するのも多いです。
海外製だと修理に使う部品を輸入するなどお金がかかり、迅速な対応をしてもらえない可能性もあります。
また海外製は寸法が大きい傾向にあります。
アメリカなど広大な土地の道路には似合いますが、日本の狭い道路では扱いにくく国産のシェアが占めているのが現状です。

トラックのリース契約はディーラーで行う

トラック販売を行うディーラーは乗用車を販売するディーラーに比べればその数は少ないです。
一般の乗用車販売を行うディーラーは国道筋や幹線道路のロードサイドに多く、人や車の往来が激しい個所に拠点を置くことが多いでしょう。
しかし、トラックの場合、一般消費者向けではなく企業が相手となる商用車であるため、営業が顧客企業に出向くパターンが多いでしょう。
また、企業が使用する車両のほとんどがリース契約により導入されるもので、定期的な入れ替えとなるため、新車の売り込みはリース終了時に行われます。
トラックは長距離搬送が目的となり、走行距離は乗用車の何倍も伸びます。
そのため、各所に耐久性を持たせ、頑丈なつくりとなっており、大型のボディーで大型のエンジンのほか荷台にジュラルミン等で架装されていれば車両価格が高くなります。
このような車両を複数台所有するとなると負担が大きいため、リース契約をする事業者が多いのです。
リース契約はディーラーを通してリース会社と行うものです。

check

2016/7/21 更新

Menu

『トラック 海外』 最新ツイート

@ASDF_ZXCV01

日野の海外攻略を支える「マザー工場」の実力 知られざる大型トラックの生産現場に潜入 https://t.co/nPw4LBCtsN #拡散希望

1時間前 - 2017年11月18日


@GRJ7679K_bot

ダブルキャブ ピックアップトラック 海外では2012年から導入されているが、今回国内初登場。 仕事に使われることは勿論、趣味や様々な用途に使うことができる遊び心のあるモデル。

1時間前 - 2017年11月18日