イベントに参加できるようなトラックの仕様

イベントに参加できるようなトラックの仕様

イベントに参加できるようなトラックの仕様

トラックは通常では貨物用として使われている車両になりますが、所有されている方によってはドレスアップを施している場合も多く見られます。
全国各地でイベントが開催されているものを見掛けることもできるように、この業界では注目されるスタイルに仕上げることを目的にしている方も大勢います。
独自の世界観になり、一般的な自動車とは異なり、トラック専用のパーツ類などを広く販売している専門店が存在していることも特徴です。
例えば外装パーツなどをみつけることができ、フロントパネルやフェンダートリム、サイドスカートやコーナーパネルなど人気のパーツが車種別に販売されています。
また、トラックの醍醐味としては電装パーツが豊富なことも挙げられます。現在ではLEDを活用している電装パーツが増えていて、夜間走行などを行う際に目立つ存在として用いている方が多い傾向にあります。
各種イベントでも取り付け可能なドレスアップパーツを駆使しているトラックが集結することになり、他では見られないようなイベントとして一部では注目されています。

トラックのカスタムの魅力について

配送や運送に不可欠なパートナーであるトラックは、ドライバーにとって一日の地で、家にいるよりも長い時間滞在する、第二の自宅のような存在でもあります。
トラックのカスタムには、ペイントなどで外見をカスタマイズする場合と、サスペンションなど、乗り心地を調整する場合があります。外見のカスタムは、仕事の効率に直接影響しませんが、仕事をする中でのやる気=モチベーションを大きく左右します。
また、サスペンションの調整などは、乗り心地の違いからドライバーの疲れやすさに影響して、仕事の効率にも直接影響します。トラックの耐用年数は、新車で購入した場合4年ですが、新車でもそれ以外でもカスタムにかかる費用は変わりがありません。
せっかく手間と費用をかけるなら、カスタマイズをした後に使える時期が長いほうがお得なので、早目の施工がおすすめです。カスタムした後の車の整備や調整についても、同じ整備業者で受けられるとなお安心です。

pickup

最終更新日:2017/10/5

Menu

『トラック イベント』 最新ツイート

@Gnews__

[ビジネス]Tesla、“世界最速”謳う4駆電気スポーツカー、新「Roadster」披露 https://t.co/jkz3a8v7s5 米TeslaMotorsは11月16日(現地時間)、電動トラック「TeslaSemi」発表イ… https://t.co/TBo3bTKsF2

2時間前 - 2017年11月18日


@ZK_spgt3214230

余談ですが・・・ 三菱ふそうトラック・バスのファミリーデーの詳細は⇒11月19日・日 10:00~15:00です。 ダイムラー・グループの一存ながら、日本の国土を支える三菱ふそうトラック・バスが主催するファミリーデーは、ご家族や学… https://t.co/2FGGx9D2kJ

2時間前 - 2017年11月18日


@ray45422

テンポ変更とかのイベントをうまく受け取ろうと思うと全部のトラックを平等に見ていかないとダメそうだ

4時間前 - 2017年11月18日